お知らせ

「和食」無形文化遺産登録

  • 女将だより

早、師走に入りました。
京都では恒例の顔見世も催され、年の瀬を感じる頃となりました。

さてこの度、和食が無形文化遺産に登録されました。

ユネスコが、日本の食文化を後世に伝えるべき文化と認められましたこと、これほど嬉しいことはございません。 日本人としましては、勿論でございますが、和食を扱います弊店としましても喜びはひとしおでございます。

和食の文化、世界は、一言ではつきませんが、弊店では昆布と鰹のだしからはじまり、季節感や、彩り、そして何より、お口にされる方への思いを 込めまして、大切に調理いたしております。

最近は海外のお客様も好んで和食をお口にしてくださいます。

今後も、日本の食文化を益々広く世界の方に理解して頂けますように、私どもも精進に務めたく存じます。

トップページ
ページトップへ